大小島真木が海をドローイングする

© pano maki

 » 絵とドローイングにより海を物語ることで、未来の世代にシグナルを送ろうと思います。 » 大小島真木は2人目に乗船するアーティストです。
私たちの周りの世界に強く魅かれている大小島真木は、タラ海洋アートレジデンスに乗船する2番目のアーティストとなります。乗船の数日前に、若い日本の絵描きは彼女のアーティストとしての経歴とタラプロジェクトについて話します。

 

Ohkojima-wings-bright

 

真木、あなたのことについて教えてください。

大小島真木と申します。1987年、東京都、湧き水のある東久留米市で生まれて育ちました。3歳からずっと絵を描いています。
2011年、日本の女子美術大学大学院修士課程修了。
これまで、日本や中国などで作品を発表。またポーランドやメキシコなどでレジデンス制作。NPOのオーガナイズにより、インドの学校4校にて壁画を制作。東久留米市南沢氷川神社に天井画を描くプロジェクトや、西東京市の科学館のプラネタリウム星座絵を手掛けるなど、描くことを中心に制作をしています。

 

あなたの現在の作品について、教えてもらえますか?

描くことを通じて、生き物を包み込む森や繁殖する菌、国境をゆうにまたぐ鳥、覚醒する猿など、さまざまな生物のまなざしを自らの内に宿し、万物の記憶の集合体としての世界のありようを追求したいと考えています。

 

Let's talk about story of big sky.2

 

乗船中のあなたの作品の企画について、少しお話しいただけますか?

タラに乗ることによって、この世界がどういうもので、どうやってできているのか、どういった時間を過ごしているのかというのを、海洋生物界の視点で捉えてみたいと思っています。海からの視野をドローイングやペインティングで物語ることにより、改めて私たち人間と海との付き合いかたについて、未来への小さなシグナルを探ることを試みたいです。

 

タラと一緒に乗船し生活することで、どんな発見を期待していますか?
あなたは以前、船で航海したことがありますか?

TARAチームの活動でサンゴの生態系を知ることにより、海洋の持つ生物多様性、海の底にある地球循環に触れ、海洋の多様性を知り、人間もその大きな生命体の一部であることを再認識します。
そして、母なる海洋の素晴らしさと、環境保全の大切さを実感できると期待しています。
船に乗って何日も過ごしたことがないので、少し緊張しています*

 

Species grow thickly

 

大小島真木はグアム(1月28日)から横浜(3月19日)まで乗り、絵や映像を使い、海洋の雄大さを探求します。彼女はさまざまな停泊港で、タラのクルーたちの公開活動を援助します。彼女の文化的、言語学的知識に感謝します。

http://ohkojima.com
https://twitter.com/OHKOJIMA
https://www.instagram.com/maki_ohkojima/