海洋アドベンチャー タラ号の大冒険2「太平洋横断 サンゴの危機を救え!」

© François Aurat / Tara Expeditions Foundation

フランスの海洋探査船タラ号。9か月をかけ太平洋を横断、この春、初めて日本にやってきた。地球温暖化の影響で絶滅の危機にあるサンゴ礁を3万5千キロにわたり調査するためだ。神戸港で出迎えたのは、タラ号日本大使の北野武さんと、去年、出航に立ち会った西島秀俊さん。二人はタラ号に乗船、船員たちのユニークな海での暮らしを目の当たりにした。タラ号の科学者たちは日本の海に潜り、密かに進行している海の大異変に驚く。温暖化で北上し東京湾にも進出したサンゴ。沖縄では“白化”との闘いが続いていた。そして海洋酸性化が進み、魚や貝が暮らせなくなった未来の海の姿とは?
NHKはフランスとの国際共同制作で、美しい帆船タラ号の調査に1年間密着、ダイナミックな4K映像でつぶさに記録した。海の豊かさを次の世代に伝えていくためにいま何ができるのか、海の日の夜、一緒に考えていくドキュメンタリー。

 

b2549158_main

出演者ほか
【出演】北野武
【ナビゲーター・語り】西島秀俊

 

チャンネル
2017年7月17日(月) 午後10時00分(73分)