地球のために活動するスクーナー船、タラ号

Tara Jambio art project 参加アーティスト募集

© Christian Sardet / Fondation Tara Océa

2020/09/18

日本各地の臨海実験所の科学探査船に科学者と一緒に乗船して、海洋をテーマにした作品を制作してくださるアーティストを募集します。できれば地元の方を希望します。

【場所と日時】

岡山県牛窓臨海実験所 10月13日
広島県竹原臨海実験所 10月16日
島根県隠岐臨海実験所 10月21日
熊本県天草臨海実験所 10月27日
三重県菅島臨海実験所 11月上旬

【アーティストへの依頼事項】

・       タラ号の活動とTARA -JAMBIOプロジェクトの目的に賛同くださる方。
・       制作費として3万円をお支払いします。
・       作品の所有権と著作権は、アーティスト本人にあります。
・       制作する作品の点数、形態などをまとめた計画書を乗船する前に提出していただき、TARA JAMBIO ART PROJECT監修者の確認を得てください。
・       制作した作品は撮影後データにしてTara Océan 財団に送ってください。
・       作品写真をアニエスベージャパン(株)および、Tara Océan 財団のHP・SNS、及びその他の媒体に掲載する事をご了承ください。(アニエスベージャパン(株)はTara Océan 財団の日本での活動支援にコミットしており、TARAの活動を自社媒体等で紹介しています)
・       タラ号の活動を紹介する拠点(香川県三豊市粟島海洋記念館)での展覧会への作品の貸し出しへのご協力。
・       制作費以外の交通費などについては、事前に相談の上決定します。
・       本文に記載されていない内容につきましては、話し合いの上、対応します。

【応募方法】

・氏名
・住所
・電話番号(日中連絡がとれる番号)
・自己作品がわかるHPなどのURLもしくは作品写真

を下記アドレスに送ってください。件名は「TARA JAMBIO ART PROJECT」でお願いします。

contact-japan@fondationtaraocean.org

【申し込み締切日】 2020年10月2日(金)

【審査方法】

「TARA JAMBIO ART PROJECT」の監修者の日比野克彦(TARAJAPAN理事/東京藝術大学美術学部教授)が選定します。

<TARA JAMBIO ART PROJECTについて>

日本各地域でTARA-JAMBIOが行うマイクロプラスチック調査時に、地元のアーティストが各JAMBIO施設の科学探査船に同乗し、その体験をもとに作品を制作し、科学とアートの力で社会が現在抱えている課題を発信していくことを目的とするプロジェクトです。

参加したアーティストの作品は、HPで発信していくとともに、TARAJAPANの拠点である香川県三豊市の粟島海洋記念館で展示発表していく予定です。

<TARAについて>

Sacha Bollet / Tara Ocean Foundation

科学探査船タラ号の海洋プロジェクトは、2003年にフランス人ファッションデザイナーのアニエスベーと、息子のエチエンヌ・ブルゴワが、環境破壊や気候変動が海洋に与える影響を研究し、その結果を共有し啓発する目的のために創設されました。現在、フランスでは、公益財団法人 Fondation Tara Océan、日本では、非営利の一般社団法人TARA JAPANが、タラ号の運営管理や、活動の周知をしています。創設以来、タラ号は世界中の海を40万km以上航海し、12の科学探査プロジェクトを遂行してきました。

タラ号にはこれまで40人以上のアーティストが調査研究に同行して、科学で海洋環境の現状を伝えるとともにアート表現でも世界に発信してきています。タラ号の船上ではサイエンスとアートが共に互いの魅力を理解し合って活動しています。科学と芸術は自然に対しての人間の好奇心から始まっており、見えない世界を見えるようにして人々に伝え、社会を動かす機動力になっています。

<JAMBIOについて>

JAMBIO (Japanese Association for Marine Biology)は、平成22年(2010年)に筑波大学下田臨海実験センターと東京大学海洋基礎生物学研究推進センターの連携協力組織として発足し、ヨーロッパ、北米、オーストラリアなどのWorld Association of Marine Stations (WAMS)のメンバーとして国際連携も進めてきました。臨海実験施設(マリンステーション)の国内連携、国際連携の重要性を鑑み、平成30年(2018年)6月より、水産実験所、臨海実験所メンバーからなる新たなJAMBIOがスタートしました。
http://jambio.jp/

<2020 年度 TARA JAMBIO の実施拠点(予定)>

Marine Station
Start Date
End Date

岡山大学理学部附属牛窓(うしまど)臨海実験所
 

     2020/10/12     
      2020/10/13

広島大学大学院生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター竹原ステーシ ョン
 

     2020/10/15     
     2020/10/16     

島根大学生物資源科学部附属生物資源教育研究センター 海洋生物科学部門 (隠岐臨海実験所)
 

     2020/10/19     
     2020/10/21     

九州大学理学部附属天草臨海実験所
 

     2020/10/26     
     2020/10/27     

Awashima(海洋記念館)香川県三豊市詫間 粟島
 

     2020/10/30     
     2020/10/31     

名古屋大学大学院理学研究科附属臨海実験所<菅島(すげしま)臨海実験所
 

     2020/11/2     
     2020/11/5     

筑波大学下田臨海実験センター
 

     TBD     
     TBD